城跡と裁判所(25)松山地方裁判所

 

四国最大の都市である松山市にやってきました。

もちろん、人口以外の要素も含めると何をもって最大かという問題はあるわけですが、念のため申し上げると、四国で人口最大の都市は高松市ではなく松山市です。

松山城の天守は比較的新しく建築されたということもあり(といっても江戸時代の末期ですが)、しっかり残っています。

城郭の造りも立派で、眺めも良く、大変な名城ですので、余計なことは言わずに写真を載せておくことにしたいと思います。

 

 

さて、このコラムは、城跡と裁判所の関係を論ずるものであることを忘れておりましたが、裁判所はどこにあるんだという感じですね。

このあたりです。

 

 

だいたい矢印の下あたりに松山地裁があります。

裁判所自体は四角くて大きなコンクリートの建物ですので、勝手ながら写真は省略します。何がいいたいかというと、城下にあるはずの裁判所が目に入ってこないくらい城郭が立派過ぎるということで、そのくらい素晴らしいわけです。

他にも見どころが尽きない街なので、やはり、改めて街歩きをしに来なければならないということを思いました。