弁護士プロフィール

弁護士 岩 田 明 子

1976年宮城県生まれ。 宮城県第一女子高等学校を経て 、2001年東京大学法学部第2類(公法コース)卒業。 同年旧司法試験合格。 2003年に司法修習を終え、その後、東京フロンティア基金法律事務所・ 根室ひまわり基金法律事務所を経て 、2007年に弁護士法人岩田法律事務所設立。

釧路弁護士会副会長(2018年度)、常議員(2015年度・2017年度)、 日本弁護士連合会司法制度調査会委員(2010年度~2016年度)を務めています。

公職関係では、法務大臣の委嘱による人権擁護委員(2009年度~)を務めており、帯広市からの嘱託により資産公開等審査会委員(2009年度~)を担当しています。

弁護士 岩 田 圭 只

1977年東京都生まれ。 東京学芸大学附属高等学校を経て、2001年旧司法試験合格、2002年京都大学法学部卒業。 2003年に司法修習を終え、その後、斉藤道俊法律事務所を経て 、2007年弁護士法人岩田法律事務所設立。

釧路弁護士会会長(2020年度)、同副会長(2016年度)、同常議員会議長(2009年度)、常議員(2006年度・2010年度・2019年度)を務めています。

また、北海道弁護士会連合会理事(2014年度・2020年度)、日本弁護士連合会理事(2020年度)、同憲法問題対策本部委員(2010年度~2015年度)、同弁護士業務改革委員会委員(2017年度~)を務めています。

教育関係では、帯広畜産大学の非常勤講師(2004年度)として日本国憲法を担当し、帯広大谷短期大学の非常勤講師(2006年度)として民法を担当した経験があります。

 

事務所の沿革

設立に至るまで

岩田明子は、仙台での実務修習(司法修習56期)を経て、第二東京弁護士会の設立した都市型公設事務所である東京フロンティア基金法律事務所にて執務を始めました。その後、根室市に所在する公設事務所において所長を2年間にわたって務めました。

岩田圭只は、札幌での実務修習(司法修習56期)を経て、修習終了後直ちに釧路弁護士会に登録し、帯広市内の法律事務所にて3年半にわたり勤務弁護士として経験を積んできました。

法人事務所の設立

岩田明子が根室での公設事務所所長の任期を終えたことに伴い、岩田圭只と合同して、2007年5月10日、帯広市にて当事務所(法人)を設立し、同年6月21日から営業を始めました。 設立当時の主たる事務所の所在地は、北海道帯広市西4条南3丁目8番地1でした。設立以来、分野を問わず法律事務一般を取り扱い、十勝管内を中心とする多くのお客様からご依頼を頂くこととなりました。

事務所移転

業務効率を考慮し旧事務所所在地の近傍に事務所を建設することとし、2012年2月1日、主たる事務所を北海道帯広市西4条南1丁目18番地1に移転しました。

10周年

2017年をもって事務所設立から10周年を迎えました。 時代の変遷と共に、法律事務所の取り扱う業務の内容は少しずつ変化していますが、旧来の業務を正確に処理することを心掛けつつ、新たに生じてきている法律問題への対応も進めています。

 

事務所の概要

名 称 

弁護士法人岩田法律事務所
(英文名称:Iwata Legal Professional Corporation)

代表者

社員 弁護士 岩 田 明 子
社員 弁護士 岩 田 圭 只

主たる事務所

北海道帯広市西4条南1丁目18番地1

設 立

平成19年5月10日

 

電話でのお問い合わせは0155-67-77859:30-12:00/13:00-17:00 [ 土日祝祭日除く ]

メールでのお問い合わせ